WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

FLASH34: スクリーンリーダー検出機能を使用して、自動的に再生される音声をオフにする

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

FLASH34 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。Flash テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法の目的は、Flash ムービーがロードされたときに音声が再生されないようにすることである。これは、スクリーンリーダー、スクリーン拡大鏡、スイッチメカニズムなどの支援技術の利用者や支援技術を使用しない利用者(認知障害、学習障害、言語障害を持つ人々)に役立つ。デフォルトでは、音声は自動的に再生される。ただし、JAWS などのスクリーンリーダーが検出された場合は、音声は手動で開始される必要がある。

Flash は、スクリーンリーダーを検出するための flash.accessibility.Accessibility.active プロパティを提供している。このプロパティが true に設定されている場合は、支援技術が実行されていることを Flash Player が検出したことを意味する。このフラグに基づいて、Flash のコンテンツ制作者は別の機能を実行するように選択できる。

注記 1: Flash Player が、実行されている支援技術を検出し、Accessibility.active プロパティを設定するまでには多少時間がかかる。したがって、正確な結果を得るためには、ムービーの最初のフレームですぐにこのプロパティをチェックしてはならない。5 フレーム後、またはタイムイベントを使用してチェックを行うようにする。

注記 2: このメカニズムでは検出されないスクリーンリーダーも存在する。一般的に、このプロパティが true に設定されるのは、MSAA クライアントが実行されている場合である。

注記 3: 注記 3: 他の支援技術ツール(スクリーン拡大鏡など)、または支援技術としては使用されないツールの中にも MSAA を利用するものがあり、その結果として Accessibility.activetrue に設定される場合がある。

事例

事例 1: SoundHandler クラス

Accessibility.activefalse に設定されている場合のみ自動的に mp3 ファイルの再生を開始する、SoundHandler というクラスが作成される。この事例では flash.system.Capabilities.hasAccessibility プロパティもチェックしていることに注意する。このプロパティはスクリーンリーダーが実行されているかどうかをチェックするものではなく、Flash Player が MSAA (基本的には Windows オペレーティングシステムを意味する)をサポートする環境で実行されているかどうかを示すものである。

コード例:

package wcagSamples {
  import flash.accessibility.Accessibility;
  import flash.display.Sprite;
  import flash.net.URLRequest;
  import flash.media.Sound;
  import flash.media.SoundChannel;
  import flash.system.Capabilities;
  import fl.controls.Button;
  import fl.accessibility.ButtonAccImpl;
  import fl.controls.Label;
  import flash.events.MouseEvent;
  
  public class SoundHandler extends Sprite {
    private var snd: Sound = new Sound();
    private var button: Button = new Button();
    private var req: URLRequest = new URLRequest(
      "http://av.adobe.com/podcast/csbu_dev_podcast_epi_2.mp3");
    private var channel: SoundChannel = new SoundChannel();
    private var statusLbl: Label = new Label();
    public function SoundHandler() {
      snd.load(req);
      ButtonAccImpl.enableAccessibility();
      button.x = 10;
      button.y = 10;
      statusLbl.autoSize = "left";
      statusLbl.x = 10;
      statusLbl.y = 40;
      addChild(statusLbl);
      button.addEventListener(MouseEvent.CLICK, clickHandler);
      this.addChild(button);
      if (! Capabilities.hasAccessibility || ! Accessibility.active) {
        channel = snd.play();
        button.label = "Stop Sound";
        statusLbl.text = "No Assistive technology detected. \
          Sound will play automatically";
      } else {
        button.label = "Start Sound";
        statusLbl.text = "Assistive technology detected. \
          Sound will not play automatically";
      }
    }
    private function clickHandler(e: MouseEvent): void {
      if (button.label == "Stop Sound") {
        button.label = "Start Sound";
        channel.stop();
      } else {
        channel = snd.play();
        button.label = "Stop Sound";
      }
    }
  }
}

この実例は、SoundHandler クラスのサンプル(英語)で確認できる。また、SoundHandler クラスのソース(英語)をダウンロードすることもできる。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. MSAA をサポートしているスクリーンリーダーを起動する。

  2. スクリーンリーダーが実行されていない場合は、自動的に音声を再生する Flash ムービーが含まれているページを開く。

  3. 音声の再生が停止している。

判定基準

  1. 3. を満たしている。

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。