WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

FLASH31: データグリッドの表題を指定する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

FLASH31 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。Flash テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法の目的は、見た目で表題が提供されている場合に、プログラムによって表題をデータグリッドに関連付けることである。通常、テーブルの表題はテーブルの識別子であり、テーブルのタイトルまたは見出しとして機能する。

Flash には DataGrid コンポーネント用の caption 要素はない。ただし、以下のアプローチによって同じ効果を得ることができる。

  1. データグリッドの上にラベルコンポーネント又はテキストフィールドを配置し、グリッドの表題を設定する。

  2. 表題のテキストを複製し、グリッドのアクセシブルな名前として追加する。これを行うには、グリッドのアクセシビリティパネルの「名前」フィールドに値を設定するか、又はグリッドの AccessibilityProperties.name プロパティを設定する。

事例

事例 1: データグリッドにラベルを関連付ける

ここでは、Flash Professional でコンポーネントパネルからステージに追加されるデータグリッドの例を示す。また、コンポーネントパネルから表題となるテキストを格納するためのラベル要素も追加される。この表題は Flash のアクセシビリティパネルで使用され、データグリッドのアクセシビリティ用の名前として機能する。

事例 2: ActiveScript 3 を使用してデータグリッドにキャプションを関連付ける

ここでは、AS3 のスクリプトによってデータグリッドを生成する基本的な事例を示す。また、表題となるテキストを格納するラベル要素も作成する。この表題は、アクセシブルな名前としてグリッドに追加する。

コード例:

import fl.accessibility.DataGridAccImpl;
import fl.controls.DataGrid;
import fl.controls.Label;
import fl.data.DataProvider;
import flash.accessibility.Accessibility;
import flash.accessibility.AccessibilityProperties;
import flash.system.Capabilities;

// データグリッドのアクセシビリティを有効にする
DataGridAccImpl.enableAccessibility();

createGrid();

// データグリッドの表題を設定する
var gridCaptionText: String = "Game Results";
gridCaption.text = gridCaptionText;
//表題をデータグリッドのアクセシブルな名前として追加する
var accProps: AccessibilityProperties = new AccessibilityProperties();
accProps.name = gridCaptionText;
aDg.accessibilityProperties = accProps;
if (Capabilities.hasAccessibility)
Accessibility.updateProperties();

function createGrid() {
  
  //コンポーネントを作成して追加する
  var aDg: DataGrid = new DataGrid();
  var gridCaption: Label = new Label();
  addChild(aDg);
  addChild(gridCaption);
  aDg.move(50, 50);
  gridCaption.move(50, 20);
  
  var captionFormat: TextFormat = new TextFormat();
  captionFormat.size = 24;
  gridCaption.setStyle("textFormat", captionFormat);
  gridCaption.width = 300;
  gridCaption.height = 100;
  bldRosterGrid(aDg);
  //データを準備する
  var aRoster: Array = new Array();
  aRoster =[ 
    {Name: "Wilma Carter", Bats: "R", Throws: "R", Year: "So", Home: "Redlands, CA"},
    {Name: "Sylvia Munson", Bats: "R", Throws: "R", Year: "Jr", Home: "Pasadena, CA"}, 
    {Name: "Carla Gomez", Bats: "R", Throws: "L", Year: "Sr", Home: "Corona, CA"}, 
    {Name: "Betty Kay", Bats: "R", Throws: "R", Year: "Fr", Home: "Palo Alto, CA"},
  ];
  aDg.dataProvider = new DataProvider(aRoster);
  aDg.rowCount = aDg.length;
};

function bldRosterGrid(dg: DataGrid) {
  dg.setSize(400, 300);
  dg.columns =[ "Name", "Bats", "Throws", "Year", "Home"];
  dg.columns[0].width = 120;
  dg.columns[1].width = 50;
  dg.columns[2].width = 50;
  dg.columns[3].width = 40;
  dg.columns[4].width = 120;
};

このコード例に関する注記:

検証

チェックポイント

  1. Flash ムービーに DataGrid コンポーネントが含まれているかどうかを確認する。

  2. 各データグリッドの表題となるテキストが、アクセシブルな名前としてコンポーネントに追加されている

判定基準

2. を満たしている。

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。