WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

FLASH3: 支援技術が無視できるように Flash のオブジェクトにマークを付ける

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

FLASH3 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。Flash テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法は、支援技術が無視できるように画像にマークを付ける方法を示すことである。

Flash Player では、以下の事例に示すように、アクセシビリティオブジェクトの silent プロパティを使用すると、どのグラフィックを支援技術に認識させるかをコンテンツ制作者が制御できる。

事例

事例 1: Flash Professional のオーサリングツールでグラフィックを非表示にする

Flash Professional のオーサリングツールのアクセシビリティパネルを使用すると、コンテンツ制作者は、支援技術にアクセシビリティ情報を提供したり、Flash の個々のオブジェクトや Flash アプリケーション全体に対してアクセシビリティ関連オプションを設定できる。

  1. グラフィックのアクセシビリティ関連プロパティに対する変更を適用するには、変更したものをシンボルとしてムービーのライブラリに保存する必要がある。注記: Flash ではグラフィックシンボル用の代替テキストを使用することはできない。グラフィックをムービークリップまたはボタンシンボルに変換するか、これらに保存する必要がある。

  2. アプリケーションメニューで[ウィンドウ]>[他のパネル]>[アクセシビリティ]を選択するか、ショートカットキーの Alt + F11 を使用してアクセシビリティパネルを表示する。

  3. グラフィックオブジェクトを選択する。

  4. アクセシビリティパネルで「オブジェクトをアクセス可能にする」チェックボックスがオンになっている場合は、このオプションをオフにして、支援技術に伝達するアクセシビリティ情報からグラフィックを削除する。

事例 2: ActionScript 2.0 でプログラムによる代替テキストを適用する

ActionScript を使用してプログラムによりオブジェクトの等価なテキストを制御するには、_accProps プロパティを使用する必要がある。このオブジェクトは、オブジェクトに対して設定されているアクセシビリティ関連プロパティが含まれているオブジェクトを参照する。以下に、_accProps プロパティを使用して、ActionScript を使用しているムービー用のアクセシビリティ情報からオブジェクトを削除するための簡単なコードの例を示す。

コード例:

// 'decorative_mc' は、ムービーのメインのタイムラインに置かれたインスタンスである
_root.decorative_mc._accProps = new Object();
_root.decorative_mc._accProps.silent = true; 

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. SWF ファイルを発行する。

  2. Internet Explorer 6 以降(Flash Player 6 以降を使用)、または Firefox 3 以降(Flash Player 9 以降を使用)で SWF ファイルを開く。

  3. オブジェクトのアクセシビリティ情報を表示できる ACTF aDesigner 1.0 などのツールを使用して Flash ムービーを開く。

  4. GUI 概要パネルで、Flash ムービーに含まれている各オブジェクトをチェックすると、表示されないように設定されているオブジェクトがツールの画面に表示されていない。

  5. コンテンツ制作者は、テストにスクリーンリーダーを使用することもできる。その場合は、Flash コンテンツを読み上げて音声を聞くと、読み上げたページの内容にオブジェクトが含まれていない。

  6. 支援技術に無視されるようにコーディングされている非テキストオブジェクトは、支援技術からは認識できない。

判定基準

6. を満たしている。

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。