WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

FLASH22: キーボードで操作可能なアクションを静的エレメントに追加する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

FLASH22 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。Flash テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法の目的は、デフォルトではキーボードで操作できない Flash ムービークリップをキーボードで操作可能にする方法を示すことである。この実装方法では、tabEnabled プロパティを設定してエレメントをフォーカス可能にし、click ハンドラに加えて keydown ハンドラを提供してキーボードからアクションをトリガできるようにする。

事例

事例 1: ムービークリップをボタンとして使用する

この事例では、カスタムムービークリップをボタンとして使用する。キーボードでの操作を可能にするため、tabEnabled を使用してムービークリップをタブの順序に配置する。さらに、カスタムボタンがマウスクリックとスペースバーの打鍵の両方に反応するように、冗長なイベントハンドラを追加する。最後に、ムービークリップの AccessibilityProperties オブジェクトを使用して、カスタムボタンにアクセシブルな名前を付ける。これにより、支援技術でボタンのラベルを認識できるようになる。

この実例は、ムービークリップをボタンとして使用するのサンプル(英語)で確認できる。ムービークリップをボタンとして使用するのソース(英語) をダウンロードすることもできる。

注記: カスタムボタンはボタンではなくフォーカス可能なグラフィックとして認識されるので、汎用のムービークリップを使用することは一般的に推奨されない。代わりに、標準の Flash の Button コンポーネントを使用するか、「button」タイプの新規シンボルを作成することが望ましい。

コード例:

import flash.accessibility. *
import flash.events.KeyboardEvent;
import flash.events.MouseEvent;
import flash.net.navigateToURL;
import flash.net.URLRequest;

testMC.tabEnabled = true;
updateAccName(testMC);
testMC.addEventListener(MouseEvent.CLICK, clickHandler, false);
testMC.addEventListener(KeyboardEvent.KEY_DOWN, keyDownHandler);

updateAccName(testMC);

function clickHandler(e) {
  testMC.labelText.text = "THANKS";
  updateAccName(testMC);
}

function keyDownHandler(e) {
  if (e.keyCode == 32)
  clickHandler(e);
}

function updateAccName(mc: MovieClip) {
  if (! mc.accessibilityProperties)
  mc.accessibilityProperties = new AccessibilityProperties();
  mc.accessibilityProperties.name = mc.labelText.text;
  Accessibility.updateProperties();
}

検証

チェックポイント

インタラクティブコントロールとして使用されるムービークリップの汎用インスタンスが Flash ムービーに含まれている場合は、次のことを確認する。

  1. ムービークリップインスタンスの tabEnabled プロパティが true に設定されている。

  2. ムービークリップインスタンスにマウスとキーボードの両方のイベントに対応するイベントハンドラがある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。