WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

FLASH19: 利用者に制限時間が間もなく終了することを警告して、制限時間を延長する方法を提示するスクリプトを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

FLASH19 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。Flash テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法の目的は、利用者にインタラクションを完了させるための時間が終了することを通知することである。スクリプトで制限時間のある機能を提供している場合、スクリプトを用いて、利用者に制限時間が間もなく終了することを警告し、制限時間の延長を要求できるメカニズムを提供することが可能である。少なくとも制限時間の 20 秒前に、制限時間が間もなく終了することを通知して時間の延長が必要かどうかを利用者に確認する確認ダイアログをスクリプトにより提供する。利用者が「はい」と回答した場合は、制限時間をリセットする。利用者が「いいえ」と回答した場合、または応答がない場合は、制限時間の終了が認められる。

この実装方法では、setTimeout() メソッドで制限時間を設定する。例えば、制限時間を 60 秒にする場合、40 秒の制限時間を設定し(目的のタイムアウトよりも 20 秒前)、確認ダイアログを表示するという方法がある。この確認ダイアログで、残りの 20 秒間のタイムアウトを新たに設定する。利用者がより長い時間を必要としている場合は、新しいタイムアウトを設定する。ただし、20 秒間の「制限時間の猶予期間」が終了すると(つまり 60 秒が経過すると)、元々の設計で 60 秒の制限時間が終了するときに想定されている動作が実行される。

事例

事例 1: ActionScript を使用してタイムアウトに到達する前に制限時間の延長機能を提供する

これは、利用者により延長可能な制限時間の AS2 の基本例である。40 秒間操作しない場合は警告が表示され、セッションが間もなく終了すると警告される。利用者は、所定の 20 秒で、スペースバーを押すか、「はい」ボタンを押下する。40 秒という長さは、ほとんどのタスクで不十分であり、デモを簡単に行うために意図的に短くしていることに留意すること。

コード例:

import mx.controls.Alert;
import flash.accessibility.Accessibility;

mx.accessibility.AlertAccImpl.enableAccessibility();

var sessionTimeout;
var sessionNotificationTimeout;
var timeLimit: Number = 60000;
var sessionAlert: Alert;
resetTimeout();

testField.addEventListener("change", resetTimeout);

function resetTimeout() {
  clearTimeout(sessionTimeout);
  clearTimeout(sessionNotificationTimeout);
  sessionTimeout = setTimeout(endSession, timeLimit);
  sessionNotificationTimeout = setTimeout(showTimeoutAlert, timeLimit - 20000);
}

function showTimeoutAlert() {
  sessionAlert = Alert.show("Click the YES button to extend your session",
  "Your login session is about to expire, do you need more time?",
  Alert.YES | Alert.NO, null, handleAlertClick);
}

function endSession() {
  sessionAlert.deletePopUp();
  Alert.show("please log in again",
  "Your session has expired");
}

function handleAlertClick(e) {
  if (e && e.detail && e.detail == Alert.YES)
  resetTimeout();
}

この実例は、ActionScript を使用してタイムアウトに到達する前に制限時間の延長機能を提供するのサンプル(英語)で確認できる。また、ActionScript を使用してタイムアウトに到達する前に制限時間の延長機能を提供するのソース(英語)をダウンロードすることもできる。

検証

チェックポイント

  1. ページをロードし、制限時間の 20 秒前まで待つ。

  2. 制限時間の 20 秒前になったとき、制限時間が間もなく終了することを警告する確認ダイアログが表示され、利用者が 20 秒以内に制限時間を延長できる。

判定基準

2. を満たしている。

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。