WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

FLASH16: 標準コンポーネントに対するクリックイベントを使用して、アクションをキーボードによって操作可能にする

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

FLASH16 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。Flash テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法の目的は、Adobe Flash Profressional のオーサリングツールにより提供されるキーボード操作が可能な標準 Flash コンポーネントに関連付けることで、キーボード操作でスクリプト機能を呼び出す方法を示すことである。スクリプトで記述されたアクションをキーボードから呼び出せるようにするため、アクションを Button コンポーネントなどの標準的な Flash コンポーネントに関連付ける。これらのコンポーネントのクリックイベントは、デバイスに依存しない。"CLICK"イベントがマウスイベントである場合、このイベントは実際にボタンのデフォルトのアクションにマッピングされる。利用者がマウスで要素をクリックするとデフォルトのアクションが実行されるが、利用者が要素にフォーカスを移動してスペースキーを押した場合やアクセシビリティ API により要素がトリガされた場合も、デフォルトのアクションが実行される。

事例

事例 1: ボタンのクリックイベント

この事例では、MouseEvent.CLICK イベントを使用してそのラベルを変更するボタンを示している。このイベントは、マウスをクリックするかスペースキーを押した場合にトリガされる。

コード例:

import fl.controls.Button;
import fl.accessibility.ButtonAccImpl;

ButtonAccImpl.enableAccessibility();

var testBtn = new Button();
testBtn.label = "click me";
testBtn.addEventListener(MouseEvent.CLICK, clickHandler, false);
addChild(testBtn);
testBtn.x = testBtn.y = 10;

function clickHandler(e) {
  e.target.label = "Thanks";
}

この実例は、ボタンのクリックイベントのサンプル(英語)で確認できる。また、ボタンのクリックイベントのソース(英語)をダウンロードすることもできる。

事例 2: (作成中)

検証

チェックポイント

Flash ムービーにインタラクティブなコントロールが含まれている場合は、次のことを確認する。

  1. コントロールに標準の Flash コンポーネントが使用されている。

  2. コントロールで "click" イベントを使用している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。