WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

FLASH10: Flash でフォーム・コントロールが必須項目であることを示す

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

FLASH10 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。Flash テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法の目的は、利用者がデータを正しく送信できるように、ウェブアプリケーションまたはフォームに含まれる特定のフォーム・コントロールが必須項目であることを明示することである。フォーム・コントロールのアクセシブルな名前に「必須」という語を追加し、視覚的な表示をラベルの横に配置する。

事例

事例 1: コントロールのアクセシブルな名前に「必須」という語を追加する

この事例では、アクセシビリティパネルを使用して、フィールドが「必須」であることを利用者に知らせる方法を示している。

  1. フォーム・コントロールのラベルの近くに、アスタリスク文字などの視覚的なマークを配置する。

  2. アクセシビリティパネルを使用して、「名前」フィールドに記述したコントロールのラベルのすぐ後に「(必須)」と記述する。

次のスクリーンショットは、このアプローチについて説明したものである。

画面スクリーンショット:アクセシビリティパネルを用いて、フォーム・コントロールが必須項目であることを明示

この実例は、 コントロールのアクセシブルな名前に「必須」という語を追加するのサンプル(英語)で確認できる。また、コントロールのアクセシブルな名前に「必須」という語を追加する」のソース(英語)をダウンロードすることもできる。

検証

チェックポイント

Flash ムービーに含まれる必須項目のフォーム・コントロールごとに、次のことを確認する。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。