WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F88: 達成基準 1.4.8 の失敗例 - 両端揃え(左右両端を揃えた配置)のテキストを使用している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

認知障害のある利用者の多くは、両端揃え(左右両端を揃えた配置)されたテキストのブロックで重大なトラブルに陥ることがある。単語間のスペースによって、ページ上を流れる「余白(隙間)の川」ができる。それによって、一部の人々はテキストを読むことが困難になる。この不適合事例は、この混乱させるテキストレイアウトが発生する状況について説明している。この問題を回避する最良の方法は、両端揃え(左右両端を揃えた配置)されたテキストレイアウトにしないことである。

事例

失敗例 1

次の不適合事例では、HTMLのalign要素が両端揃えのテキストを生成するために用いられている。

コード例:

 
<p align="justify">Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Vestibulum sit amet pede. Phasellus 
nec sem id mauris vehicula tincidunt. Morbi ac arcu. Maecenas vehicula velit et orci. Donec 
ullamcorper porttitor velit. Sed arcu lorem, cursus sit amet, auctor eu, convallis ut, purus. 
Vivamus imperdiet accumsan nunc. Maecenas pellentesque nunc a libero. Vestibulum ante ipsum 
primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae; Curabitur pharetra commodo 
justo. Nulla facilisi. Phasellus nulla lacus, tempor quis, tincidunt ac, rutrum et, mauris.
</p>

失敗例 2

この不適合事例では、CSSのtext-align属性が両端揃えのテキストを生成するために用いられている。

コード例:

 
...
p {text-align: justify}

...

<p>Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Vestibulum sit amet pede. Phasellus 
nec sem id mauris vehicula tincidunt. Morbi ac arcu. Maecenas vehicula velit et orci. Donec 
ullamcorper porttitor velit. Sed arcu lorem, cursus sit amet, auctor eu, convallis ut, purus. 
Vivamus imperdiet accumsan nunc. Maecenas pellentesque nunc a libero. Vestibulum ante ipsum 
primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae; Curabitur pharetra commodo 
justo. Nulla facilisi. Phasellus nulla lacus, tempor quis, tincidunt ac, rutrum et, mauris.</p>

検証

チェックポイント

  1. 一般的なブラウザでページを開く。

  2. コンテンツが両端揃え(左右両端を揃えた配置)されていない。

判定基準