WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F85: 達成基準 2.4.3 の失敗例 - 連続するナビゲーション順序において、トリガーとなるコントロールに隣接していないダイアログ又はメニューを使用している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この文書では、連続するナビゲーション順序の中での順番が原因で、キーボードだけで操作している利用者がウェブページ上に実装されたダイアログ又はメニューのインタフェースコンポーネントの操作が困難になってしまう失敗例について述べている。ボタン又はリンクを起動してウェブページ上のダイアログ又はメニューを開いたとき、利用者の次の行動は、ダイアログ又はメニューを操作することである。もしフォーカスがダイアログ又はメニューに設定されていないと、連続するナビゲーション順序の中で、トリガーとなるコントロールと連続していない場合、キーボードだけで操作している利用者がダイアログ又はメニューを操作することが困難になる。

事例

失敗例 1: ウェブページ上のダイアログ又はメニューが連続するナビゲーション順序の最後に追加されている

DHTML のメニュー又はダイアログは、起動されると、動的に生成され、視覚的にはトリガーの近くに配置され、DOM の最後に付け加えられる。DOM の最後に付け加えられるため、連続するナビゲーション順序の最後となる。利用者は、メニュー又はダイアログを操作するまでに、ページ上の残りの部分をタブ操作で進んで行かなければならない。

失敗例 2: ページ上に実装されたメニューを閉じるとフォーカスがドキュメントに設定される

メニューが閉じられるとき、メニューはウェブページから削除又は隠されてフォーカスはドキュメントの先頭に設定される。利用者はメニューを開いた場所までナビゲーション順序の最初からタブを操作しなおさなければならない。

検証

チェックポイント

トリガーとなるコントロールによって開くウェブページ上のあらゆるメニュー又はダイアログに対して:

  1. トリガーとなるコントロールをキーボードで起動させる。

    • a. メニュー又はダイアログにフォーカスがある。

    • b. 連続するナビゲーション順序においてフォーカスを進めていくと、メニュー又はダイアログにフォーカスが置かれる。

  2. メニュー又はダイアログを閉じる。

    • a. トリガーとなるコントロールにフォーカスがある。

    • b. 連続するナビゲーション順序においてフォーカスを後ろに戻すと、トリガーとなるコントロールにフォーカスが置かれる。

判定基準