WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F8: 達成基準 1.2.2 の失敗例 - キャプションがいくつかの発話内容又は重要な効果音を省略している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この文書では、キャプションを含む全てのウェブコンテンツ技術に対する失敗例について述べている。「キャプション」が(逐語的、又は要点のいずれかで)全ての発話内容、及び全ての重要な音を含んでいない場合、その「キャプション」は実質的にキャプションとはいえない。

注記:キャプションでは、読みやすくするため、また見る人に非常に速く読ませるのを強いることのないように、発話内容を簡略化することがある。これは標準的な手法であり、無効なキャプションとはならない。

事例

失敗例 1:

キャプションとはいえない字幕の事例:

  • 発話内容(簡略化した発話内容の場合もある)を含むが、重要な音についての説明がないテキスト

  • 内容の一部分の発話内容が省略されたテキスト

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. キャプションを表示させてコンテンツを見る。

  2. 全ての発話内容がキャプションで示されている。

  3. 全ての重要な音がキャプションに記述されている。

判定基準