WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F79: 達成基準 4.1.2 の失敗例 - ユーザインタフェース コンポーネントのフォーカスの状態がプログラムで解釈可能ではない、又はフォーカスの状態の変更が通知されていない

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

あるユーザインタフェース・コンポーネントにフォーカスがあるかどうかは、そのコンポーネントの状態(state)の特に重要な一面である。多くの種類の支援技術が、キーボードフォーカスの現在位置を追跡することに依存している。スクリーンリーダーは、利用者の注視点をフォーカスの当たっているユーザインタフェース・コンポーネントに移動させ、画面拡大ソフトはフォーカスが当たっているコンポーネントを見ることができるようにコンテンツの表示を変えていく。新しいコンポーネントにフォーカスが遷移した時に、支援技術に通知されなければ、利用者は意図と異なるコンポーネントとやりとりをしようとして混乱することになる。

通常ユーザエージェントが標準的なコンポーネントに対してこの機能で処理を行う一方、スクリプトで独自に記述されたユーザインタフェース・コンポーネントは、アクセシビリティAPIを用いてユーザエージェントがフォーカスについての情報及び通知を利用できるようにしなければならない。

事例

カスタムメニューがメニュー項目を明確に描画して表示している。マウス及びキーイベントを直接制御し、現在選択されているメニュー項目は反転表示となっている。プログラマーがフォーカスを持ったメニュー項目をアクセシビリティAPI経由で引き渡さないようにしたため、支援技術は、フォーカスがメニューの中のどこかにあることまでしか分からず、どのメニュー項目にフォーカスが当たっているのか決定できない。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. ウェブコンテンツ技術に対してアクセシビリティ・チェッカーを用いる(又は、利用できない場合は、コードを検査する、又は支援技術で検証する)。コントロールがアクセシビリティAPIを経由してフォーカスの状態(state)を引き渡している。

  2. ウェブコンテンツ技術に対してアクセシビリティ・チェッカーを用いる(又は、利用できない場合は、コードを検査する、又は支援技術で検証する)。フォーカスが別のコントロールに遷移したとき、支援技術にそのことが通知される。

判定基準