WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F75: 達成基準 1.2.2 の失敗例 - 同期したメディアがページ上にある情報よりも多くの情報を提示している際、キャプションなしで同期したメディアを提供している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

あらゆるウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この文書は、テキストの代替となる同期したメディアが、元のテキストよりも多くの情報を提供しているが、利用者が元のテキストにはない情報にアクセスするために必要な代替テキストを提供していないという不適合事例について述べている。同期したメディアのほうがテキストよりも効果的なフォーマットである利用者にとっては、テキストの代替となる同期したメディアのほうが利用しやすい。テキストの代替となる同期したメディアは、テキストの代替コンテンツなので、キャプション形式の冗長な代替テキスト、音声による説明又は全文の代替テキストをそれ自身のために用意する必要はない。その元となるテキストよりも多くの情報を同期したメディアが含んでいる場合は、単なるテキストの代替メディアというよりは、それ自体が同期したメディアのコンテンツとなる。こういった場合、キャプションの提供に関しては、達成基準 1.2.2及び達成基準 1.2.3の要件に従うものとする。

事例

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. 同期したメディアに対する代替コンテンツとしてキャプションがある。

  2. テキストの代替となる同期したメディアは、ページ上にある元のテキストよりも多くの情報を提供していない。

    注記: テキストの代替となる同期したメディアでは、ページ上にあるのとは別の言葉を用いている場合がよくあるが、そのページのトピックについて新しい情報を提示するべきではない。

判定基準