WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F72: 達成基準 1.1.1 の失敗例 - 代替テキストを提供せずに、ASCII アートを用いている

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

これは、代替テキストを提供せずにASCIIアートを使用するという不適合事例について述べている。ASCIIアートは文字列として実装されるが、その意味は、その文字列の視覚的な表現によって形成される絵柄のパターンから来るのであって、テキスト自体から来るのではない。そのため、ASCIIアートは非テキストコンテンツであり、代替テキストが必要となる。代替テキスト又は代替テキストへのリンクは、ASCIIアートと関連付けるために、その近くに置くべきである。

事例

失敗例 1: 代替テキストのないASCIIアートのチャート

次のASCIIアートのチャートは、代替テキストがないため、達成基準1.1.1を満たしていない。事実、この不適合となる事例を含んでいるため、このウェブページは適合していないページとなっている。ただし、ASCIIアートの例をスキップすることはできる。

コード例:


<pre>
  %   __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __   
100 |             *                             |
 90 |                *  *                       |
 80 |          *           *                    |
 70 |             @           *                 |
 60 |          @                 *              |
 50 |       *        @              *           |
 40 |                   @              *        |
 30 |    *  @              @  @           *     |
 20 |                                           |
 10 |    @                       @  @  @  @     |
      0  5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 70
      閃光頻度 (Hz)
</pre>

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. ASCIIアートのあるページを開く。

  2. それぞれのASCIIアートに対して、代替テキストが提供されている。

判定基準