WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F71: 達成基準 1.1.1 の失敗例 - テキストを表すのに、代替テキストを提供せずに、テキストのようなものを使用している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この文書は、文字を表現するにあたって、見た目がその文字に似た別の文字で代用している不適合事例について述べている。Unicodeの文字セットでは、数十種類の筆記方法にわたる何千もの文字が定義されている。一部の文字の見た目は、他の文字の見た目に視覚的には似ているかもしれないが、テキストを音声に変換するツールでは、同じようには処理されない。

例えば、U+0063とU+03F2は、どちらも「c」の文字に似ている。しかし、U+0063が西欧言語のアルファベットであるのに対して、U+03F2はギリシャ語のアルファベットで、西欧言語では使われないという違いがある。また、U+0033とU+04E0は、どちらも数字の「3」に似ている。しかし、U+04E0は、実際にはキリル文字のアルファベットである。

注記: この不適合事例は、文字符号の使用にも適用される。ただし、その見た目の表現のために使用される文字が不適切なために不適合となるのであって、文字符号のメカニズムを用いること自体は不適切ではない。

事例

失敗例 1: 文字

次の語は、適切なフォントサポートのあるブラウザで見ると、英語の「cook」という単語のように見える。しかし、実際にはU+03f2 U+043E U+03BF U+006Bという文字列で構成されていて、このうち西欧言語のアルファベットは1字しかない。この語は、意味のあるかたちでは処理されず、また代替テキストも提供されていない。

コード例:


ϲоοk

失敗例 2: 文字符号

次の例は、先の例と同様、適切なフォントサポートのあるブラウザで見ると、英語の「cook」という単語のように見える。この場合、これらの文字が、文字符号で実装されている。しかし、やはり単語として意味のあるかたちでは処理されず、代替テキストも提供されていない。

コード例:


      ϲоοk

コード例の実際の表示例: "ϲоοk"

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. テキストを表現するために、文字又は文字符号を用いている。

  2. 用いられている文字は、コンテンツの自然言語において表示される文字としては不適切で、見た目が似た文字が使われている。

判定基準