WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F70: 達成基準 4.1.1 の失敗例 - 開始タグ及び終了タグ、又は属性のマークアップが正しくない

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

マークアップ言語:HTML、XHTML、及び他のSGML又はXMLベースのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この不適合事例の目的は、要素タグにおいて、支援技術が満足できるページのモデルを生成できない原因となるマークアップの誤りの例を特定することである。 ユーザエージェントは、エラーから復旧するために、異なる推測に基づいた方法をそれぞれ実装している。結果として、ユーザエージェント間で一貫性のないページのプレゼンテーションとなっている。

(これは完全なりストではないが)この不適合の条件を生じさせる開始及び終了タグの一般的な問題:

事例

失敗例 1: XHTMLの山形括弧が足りない

開始タグに山形括弧がなく、タグの意図する境界が不明瞭であるため、下記のコードは不適合となる。

コード例:


    <p これはパラグラフです</p>

失敗例 2: XHTMLの終了タグのスラッシュが足りない

終了タグにスラッシュがなく、事実上、別の開始タグのように見えるため、下記のコードは不適合となる。

コード例:


    <p>これはパラグラフです<p>

失敗例 3: 均衡が取れていない属性の引用符づけ

属性値に終了の引用符がないことで、属性値の対の境界が不明確となるため、下記のコードは不適合となる。

コード例:


    <input title="氏名 type="text">

失敗例 4: 属性間の空白の欠如

属性間に空白がないことで、属性値の対の境界が不明確となるため、下記のコードは不適合となる。

コード例:


    <input title="氏名"type="text">

失敗例 5: 空白スペースを含む値を持つ引用符がついていない属性

属性値に引用符がつけられておらず、値に空白が含まれていることで、属性値の対の境界が不明確となるため、下記のコードは不適合となる。

コード例:


    <input title=ここに氏名を入力する type=text>

失敗例 6: XHTMLの終了タグが足りない

第1パラグラフの終了タグがないことで、第2パラグラフが第1パラグラフの子なのか兄弟なのかが不明確になるため、下記のコードは不適合となる。

コード例:


    <p>これはパラグラフです
<p>これは別のパラグラフです</p>

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. ページのソースコードがマークアップ言語で実装されている。

  2. 開始タグ、終了タグ又は属性で不正な形式になっているものがある。

判定基準