WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F7: 達成基準 2.2.2 の失敗例 - 例えば Java 又は Flash のようなオブジェクト又はアプレットに点滅するコンテンツがあり、5 秒よりも長く点滅するコンテンツを一時停止させるメカニズムがない

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

オブジェクト、アプレット又はプラグインにおいて、点滅するコンテンツをサポートするウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

プラグインによってレンダリングされるコンテンツ又はアプレットに含まれているコンテンツが点滅している際、ユーザエージェントがその点滅を一時停止させることができない場合がある。 プラグイン、アプレット又はコンテンツ自体がその点滅を一時停止させるメカニズムを提供していない場合、利用者が点滅しているコンテンツを読み取れない、又は点滅によって気が散ってしまってそのページにある他のコンテンツを読むことができなくなる恐れがある。

事例

検証

チェックポイント

プラグイン又はアプレットで点滅するコンテンツのあるページに対して:

  1. コンテンツが5秒よりも長く点滅するかどうかを測定する。

  2. 点滅しているコンテンツを一時停止させる手段があるかどうかを確認する。

判定基準