WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F66: 達成基準 3.2.3 の失敗例 - ナビゲーションリンクをさまざまなページで相対的に異なる順序で提示する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この文書では、ウェブページ一式の中にある複数のウェブページ上で繰り返されているナビゲーションメカニズム(達成基準 3.2.3)を含むすべての達成方法における不適合の条件を説明している。メカニズムが、2ページ又はそれ以上のページに異なる順序でリンクの順番を提示する場合に、不適合が起こる。

事例

失敗例 1: 2つの異なるページで相対的に異なる順序で一連のリンクを提示しているXHTMLメニュー

異なる順序でリンクを提示するナビゲーションメカニズムの例。

1ページ目のメニュー

コード例:


    <div id="menu"> 
    <a href="Brazil.htm">ブラジル</a><br />
    <a href="Canada.htm">カナダ</a><br />
    <a href="Germany.htm">ドイツ</a><br />
    <a href="Poland.htm">ポーランド</a> 
</div>

2ページ目のメニュー

コード例:


    <div id="menu"> 
    <a href="Canada.htm">カナダ</a><br />
    <a href="Brazil.htm">ブラジル</a><br />
    <a href="Germany.htm">ドイツ</a><br />
    <a href="Poland.htm">ポーランド</a> 
</div>

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. ナビゲーションメカニズムが複数のウェブページ上で使用されている。

  2. 各ページのナビゲーションメカニズムのデフォルトのプレゼンテーションで、リンクリストが各ウェブページ上で相対的に同一の順番になっている。

注記: 「相対的に同一の順番」は、あるページではリンク項目間に二次的なナビゲーション項目があるかもしれないことを意味する。これらが存在しても、この検証の結果に影響を及ぼすことはない。

判定基準