WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F61: 達成基準 3.2.5 の失敗例 - 利用者がコンテンツ内で停止させることのできない自動的な更新によってメインコンテンツを完全に変更する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全般

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この文書では、メインのビューポートに表示されているコンテンツが自動的に更新され、コンテンツに利用者がこの振る舞いを停止するための選択肢をがない不適合事例について述べている。

達成基準 3.2.5 の不適合事例となるかどうかを検証するためのチェックポイントが「検証」のセクションで挙げられている。チェックポイント 1. が可能であることが望ましく、コンテンツ制作者がビューポートのコンテンツを生成するコードを確認できることを想定している。

しかし、それが可能ではないケースも考えられる(例えば、CMS、djangoやruby-on-railsなどのアプリケーション環境、またはサードパーティによるAjaxやPHPなどのスクリプト言語によって生成されるコンテンツなど)。そのため、チェックポイント 2. がそのような場合の検証のために提示されている。時間枠は指標でしかなく、その他のチェックポイントを満たしていなければ、一定の時間が経過した後に生じるあらゆる変化は不適合事例としてみなすべきである。

事例

失敗例 1

ニュースサイトで、常に最新の見出しが表示されるように、コンテンツが自動的に更新される。この振る舞いを停止させる選択肢がない。

失敗例 2

スライドショーがビューポートの全体に表示されていて、自動的に次のスライドに進んでいく。停止ボタンはない。

失敗例 3

検索エンジンが自動的に検索結果を生成し、利用者の入力に応じてコンテンツを動的に更新する。この振る舞いを停止する選択肢がない。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. 平均的な利用者がページに費やす時間を測定または推定する。

  2. ページに移動する

  3. 平均的な利用者がページに滞在する10倍の時間を待つ。 (ステップ1から)

  4. この間にコンテキストに変化があるかどうか確認する。

  5. コンテキストの変化がない場合、終了する。

  6. コンテキストの変化がある場合は、そのコンテキストの変化を止めるメカニズムがページに存在するかどうかを確認する。

  7. コンテキストの変化を止めるメカニズムがある場合は、そのメカニズムを使用してコンテキストの変化を止めて、テストをやり直す。

  8. コンテキストの変化があり、コンテキストの変化を止めるメカニズムがない場合は失敗となる。

注記 1: ステップ 1 の時間を測定または推定する1つの方法は、ウェブサイトの解析結果から平均的な利用者がページをどのくらいの時間見ているかを確認する。

注記 2: ステップ 6 の例は、自動更新をオフにするメカニズムである。

判定基準