WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F60: 達成基準 3.2.5 の失敗例 - 利用者が入力フィールドにテキストを入力すると新しいウィンドウを開く

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全般

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この文書では、エラーの通知以外で、利用者のテキストフィールドへの入力に反応して新しいウィンドウが開く不適合事例について述べている。

事例

失敗例 1:

不適合となる推奨できない事例:利用者が郵便の宛先の入力をしている。郵便番号の入力をすると、彼の町で利用できるサービスの広告が記載された新しいウィンドウが開く。

失敗例 2:

許容できる事例:利用者がフォームの郵便の宛先の入力をしている。郵便番号のフィールドを入力をすると、有効な郵便番号であるかどうかを検証するスクリプトが実行される。値が無効な場合はフィールドへの入力方法を説明したウィンドウが開く。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. 全てのテキストフィールドを探し出す。

  2. 各テキストフィールドの値を変更する。

  3. 新しいウィンドウが開く。

  4. 新しく開いたウィンドウにエラーメッセージがあり、ウィンドウを閉じて元のフォーム要素にフォーカスを戻すボタンがある。

判定基準