WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F55: 達成基準 2.1.1、達成基準 2.4.7 及び 達成基準 3.2.1 の失敗例 - フォーカスを受け取った際に、フォーカスを取り除くために、スクリプトを使用している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

スクリプトをサポートしているすべてのコンテンツに適用

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

通常はキーボードでアクセスした場合フォーカスを受け取るコンテンツが、スクリプトによってフォーカスを失うことがある。これは、デザイナーがシステムのフォーカス・インジケータを見えなくしようとするときに時々起きる。しかしながら、システムのフォーカス・インジケータは、キーボード利用者のアクセシビリティにおける重要な一部分である。また、これを実行することによってフォーカスが完全に取り除かれると、コンテンツにはマウスのようなポインティング・デバイスでしかアクセスできなくなる。

事例

失敗例 1

コード例:

<input type="submit" onFocus="this.blur();">

失敗例 2

コード例:

<a onFocus="this.blur()" href="Page.html"><img src="myImage.gif"></a>

失敗例 3

コード例:

<a href="link.html" onfocus="if(this.blur)this.blur();">リンクの文言</a>

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. キーボードを使用して、すべてのインタラクティブな要素にキーボードでアクセスできる。

  2. それぞれの要素がフォーカスされたとき、利用者がフォーカスを移動するまでそこに残っている。

判定基準