WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F54: 達成基準 2.1.1 の失敗例 - ある機能にポインティング・デバイス特有のイベント・ハンドラを使用している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

ポインティング・デバイス特有のイベント・ハンドラを用いたウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

ポインティング・デバイスに特有のイベント・ハンドラだけがコンテンツ上の機能を呼び出すメカニズムであるとき、(マウスのような、目と手による連携が必要な機器を利用できない)全盲の利用者をはじめとした、代替キーボード又はキーボードエミュレーターとして動作する入力機器を用いなければならない利用者は、コンテンツの機能にアクセスできない。

事例

失敗例 1

次に示すのは、マウスでのクリックに反応して他のページに移動する画像の例である。これは、キーボードを用いて次のページに移動できないため不適合である。 <p><img onmousedown="nextPage();" src="nextarrow.gif" alt="次のページへ移動"></p>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. ポインティング・デバイスに特有のイベント・ハンドラだけが、スクリプトの機能を呼び出す唯一の方法である。

判定基準