WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F52: 達成基準 3.2.1 の失敗例 - 新しいページを読み込むのと同時に、新しいウィンドウを開いている

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

新しいウィンドウを開くために使用されるスクリプト

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

製品又はサービスを宣伝するために、あるウェブサイトではページが読みこまれた時に新しいウィンドウが開く。この達成方法の目的は、ページが読み込まれたと同時に 1 つ以上の新しいウィンドウが開かれることによって、ページが利用者を混乱させないようにすることである。

事例

失敗例 1:

下記の事例は、ページがロードされた時に新しいウィンドウを開くために HTML 4.01 で一般的に使用される。

コード例:


window.onload = showAdvertisement;
 function showAdvertisement()
 {
  window.open('advert.html', '_blank', 'height=200,width=150');
 }

失敗例 2:

下記の事例は、ページがロードされた時に新しいウィンドウを開くために XHTML で一般的に使用される。

コード例:


if (window.addEventListener) { 
    window.addEventListener("load", showAdvertisement, true);
}
if (window.attachEvent) {
    window.attachEvent("onload", showAdvertisement);
}
function showAdvertisement()
{
window.open('noscript.html', '_blank', 'height=200,width=150');
}

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. 新しいページをロードする

  2. 新しいページをロードしたことの結果として新しいウィンドウが開いた

  3. 新しいウィンドウに自動的にフォーカスが移っている

判定基準