WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F47: 達成基準 2.2.2 の失敗例 - blink 要素を使用している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

HTML 及び XHTML

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

F47 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。

解説

blink 要素は正式な HTML 又は XHTML の仕様の一部ではないが、多くのユーザエージェントによりサポートされている。要素内のあらゆるテキストが予め決定された周期で点滅する。これは、利用者が中断することはできず、また環境設定によって無効にすることもできない。ウェブページが表示されている限り、点滅は続くことになる。そのため、点滅が3秒より長く続く可能性があることから、blink を用いているコンテンツは達成基準を満たしていないことになる。

事例

失敗例 1

製品リストのページで、セール価格に注意を引くため、blink 要素を用いている。利用者が点滅をコントロールできないため、このウェブページは達成基準を満たしていない。

コード例:

<p>わが社の素晴らしい製品 <blink>セール! 44,995ドル!</blink></p>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. コードに blink 要素が存在する。

判定基準