WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F30: 達成基準 1.1.1 及び 達成基準 1.2.1 の失敗例 - 代替ではない代替テキストを使用している(例:ファイル名、プレースホルダー・テキストなど)

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

これは、テキストによる代替を使用している全ての達成方法に対する失敗条件について述べている。"テキストによる代替"の中のテキストを、情報又は機能を失うことなく非テキストコンテンツの代わりに使用することができない場合、事実上、非テキストコンテンツに対する代替物としては意味をなさなくなる。

事例

失敗例 1

テキストによる代替とはならないテキストの事例は次の通り:

  • 画像や絵の「テキストによる代替」の位置に埋め込まれた、" "、"スペーサー"、"画像"、"絵" といったプレースホルダーテキスト。

  • 非テキストコンテンツの情報又は機能を伝達しない、"絵 1"及び"絵 2" 、"0001"及び"0002" 又は"イントロ #1"及び"イントロ #2"といったプログラム上の参照情報

  • 10月.jpg、"グラフ.jpg" 又は "売上げ\\10月\\上位3名.jpg"といったそれ自体では有効なテキストによる代替とならないファイル名

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. テキストによる代替が実際には非テキストコンテンツに対するテキストによる代替にはなっていない。

判定基準