WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F26: 達成基準 1.3.3 の失敗例 - 情報を伝えるために、グラフィカルなシンボルだけを使用している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この達成方法の目的は、グラフィカルなシンボルを用いて情報を伝えることによって、コンテンツを理解することを困難にしてしまう失敗例について述べることである。グラフィカルなシンボルには、言葉を使わないで情報を伝える、画像、画像化された文字、あるいは絵で表した又は装飾的な文字のシンボルがある。グラフィカルなシンボルの例としては、斜線の入った赤い円、"スマイリー"と呼ばれる顔文字、 あるいはチェックマーク、矢印又はその意味を持つ文字ではないその他のシンボルなどを表すグリフが挙げられる。支援技術の利用者は、そのようなグラフィカルなシンボルの意味を判断するのが困難なことがある。 グラフィカルなシンボルを用いて情報を提供する場合、ウェブコンテンツ技術の機能を用いて代替物を提供する、又はそのグラフィカルなシンボルの代替を示すことが可能な異なるメカニズムを用いるべきである。例えば、グリフの代わりに、テキストによる代替のある画像を用いることができる。

事例

失敗例 1: ステータスを示すために用いるグリフ

ショッピングカートが2つのシンプルなグリフを用いて、その商品がすぐに発送可能かどうかを示している。具体的には、チェックマークが商品の在庫があり発送可能であることを示し、"×"マークが商品は入荷待ちの状態ですぐには発送できないことを示している。このようにグリフを用いているため、支援技術の利用者は、その商品の現在のステータスを把握することができなかった。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

  1. ページで情報を伝えているグラフィカルなシンボルを抽出する。

  2. グラフィカルなシンボルによって伝えている情報を把握できる他の手段があるかどうかをチェックする。

判定基準