WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F16: 達成基準 2.2.2 の失敗例 - 動きが不可欠ではないところにスクロールするコンテンツがあり、そのコンテンツを一時停止及び再開するメカニズムがない

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

目で見える動きやスクロールをサポートする全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この失敗例では、動きのある又はスクロールするコンテンツを利用者が一時停止したり再開したりすることができない。この場合、ロービジョンの又は認知障害のある利用者のなかには、コンテンツを知覚できないことがある。

事例

検証

チェックポイント

動きのあるコンテンツ又はスクロールするコンテンツのあるウェブページ上で、

  1. ウェブページ又はユーザエージェントに、動きのあるコンテンツ又はスクロールするコンテンツを一時停止させるメカニズムが提供されている。

  2. 一時停止させるメカニズムを用いて、動きのあるコンテンツ又はスクロールするコンテンツを一時停止させる。

  3. 動きのあるコンテンツ又はスクロールするコンテンツが停止し、そのまま再開しない。

  4. ウェブページ又はユーザエージェントに、一時停止したコンテンツを再開させるメカニズムが提供されている。

  5. 再開させるメカニズムを用いて、コンテンツの動きを再開させる。

  6. コンテンツの動き又はスクロールが、一時停止したところから再開される

判定基準