WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F15: 達成基準 4.1.2 の失敗例 - ウェブコンテンツ技術のアクセシビリティAPIを用いていない、又は完全には用いていないカスタム・コントロールを実装している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

アクセシビリティAPIをサポートする全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

アクセシブルなウェブコンテンツ技術の標準コントロールを用いる際、通常はアクセシビリティAPIを使用して、アクセシビリティAPIをサポートする方法でプログラムされている。しかし、カスタムコントロールを作成する場合には、新しく作成したコントロールがアクセシビリティAPIをサポートしているかどうかを、プログラマーが確認しなければならない。アクセシビリティAPIをサポートしていないと、支援技術は、そのコントロールが何なのか、又どのように操作できるのかが分からず、場合によっては、そのコントロールの存在すら感知しないことがある。

注記: 上記をサポートする技術である WAI-ARIA は、カスタムコントロールのロール(role)、名前(name)、値(value)、状態(states)、及びプロパティ(properties)をウェブコンテンツ技術のアクセシビリティ API を介して対応させることができる。

事例

失敗例 1

音楽プレーヤーで、音量や音色等を制御するための、引き伸ばされた音符のように見えるカスタムコントロールが使われている。プログラマーは、この新しいコントロールがアクセシビリティAPIをサポートするようにしていない。結果として、このコントロールは、支援技術から特定又は制御することができない。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

  1. 使用しているウェブコンテンツ技術用のアクセシビリティチェッカーで確認すると(又は、チェッカーがない場合は、コードを検証するか、支援技術で動作確認をすると)、コントロールがアクセシビリティAPIをサポートしている。

判定基準