WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F10: 達成基準 2.1.2 及び 適合要件 5 の失敗例 - 利用者が一つのフォーマットの中に閉じ込められてしまうように、複数のコンテンツ・フォーマットを組み合わせている

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

利用者がキーボードを使ってコンテンツに入ることができるが、キーボードでコンテンツから抜け出すことができない状況を作り出すコンテンツ

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

コンテンツに複数のフォーマットが含まれている場合、そのコンテンツを利用者に正しく提示するのに、しばしば 1 つ以上のユーザエージェント又はプラグインが必要となる。例えば、XHTML、SVG、SMIL、XForms を含んだウェブページは、利用者がコンテンツと情報のやり取りを行えるように、ブラウザに 3 つもの数のプラグインを要求することがある。一部のプラグインでは、キーボードのフォーカスがプラグインで「閉じ込められ」て、キーボードのみの利用者は他のコンテンツに戻ることができないという共通の状況が発生する。

事例

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

  1. キーボードを使って、コンテンツ内を行き来する。

  2. キーボードフォーカスが「閉じ込め」られることはなく、また、ユーザエージェントを閉じたり、OS を再起動したりすることなく、キーボードフォーカスをプラグインのコンテンツの外に移動させることが可能である。

判定基準