WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

C8: 単語内の文字間隔を調整するために、CSS の letter-spacing プロパティを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

CSSに対応しているウェブコンテンツ技術全て

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、意味の伝わるテキストの流れを維持しながら、スタイルシートによって表示上の文字間隔を調整する方法を示すことである。 文字間隔の量を調整するには、CSSのletter-spacingプロパティを使用する。 単語の途中に空白文字を入れると意味や発音のされ方が変わってしまうため、間隔の調整はこの方法で行うことが推奨されている。

事例

事例 1: 単語内の文字間隔を広くする

以下のCSSは、レベル2の見出しに含まれる各文字に対して1文字分に相当する間隔を加える:

コード例:

h2 {	letter-spacing: 1em; }

マークアップは以下の通り:

コード例:

<h2>博物館</h2> 

表示結果は、およそ以下のようになる:

コード例:

博 物 館

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

文字間隔が標準ではない状態で表示されている各単語に対して:

  1. 文字間隔を調整する手段として CSS の letter-spacing プロパティが用いられている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。