WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

C24: コンテナのサイズに CSS のパーセント値を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

CSS を用いているウェブページ

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、テキストを読むためにはテキストサイズ大きくする必要がある利用者が、1 行のテキストを横スクロールなしで読めるようにすることである。この達成方法を用いるには、コンテンツ制作者はテキストコンテナの幅をパーセント値で指定する。

事例

事例 1

ある新聞サイトでは、画面の中央にコンテンツを表示させている。コンテンツのコンテナ幅は、ページ全体に対するパーセンテージで指定しているため、ロービジョンの人がフォントサイズを大きくしたときも、ブラウザ画面のサイズにあわせてテキストが折り返しされ、横スクロールバーは表示されない。

検証

チェックポイント

  1. 全てのコンテナ幅をパーセント値で指定している。

  2. テキストサイズを 200% にしてみる。

  3. どの行のテキストを読むにも、横スクロールの必要がない。

  4. 全てのテキストが、ページ上に見えたままである。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。