WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

C21: 行送りを CSS で指定する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

CSSをサポートする全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

認知障害を持つ人の多くは、行間なしのテキストのブロックの中で各行を目で追っていくことに困難を覚える。 行の高さが文字サイズの1.5~2倍程度あると、前の行を読み終えて次の行へより簡単に読み進めていけるようになる。

事例

事例 1

要素の行の高さを1.5に設定。スタイルシートで要素の特性を設定している。

コード例:

p { line-height: 150%; }

コンテンツ側では、その要素はドキュメント全体を通して行の高さが1.5になる。

コード例:

<p> Lorem ipsum dolor sit …  </p>

事例 2

クラスを指定した要素の行の高さを1.5(行送り1.5文字)に設定。スタイルシートでクラスの表示を定義。

コード例:

p.tall {line-height:150%}

コンテンツ側では、以下のようにクラスを指定している。

コード例:

<p class="tall"> Lorem ipsum dolor sit …  </p>

事例 3

行間を1行分空けるクラスを設定する。スタイルシートでクラスの表示を定義。

コード例:

p.tall {line-height:200%}

コンテンツ側では、以下のようにクラスを指定している。

コード例:

<p class="tall"> Lorem ipsum dolor sit …  </p>

検証

チェックポイント

  1. ブラウザでコンテンツを開く。

  2. テキストのブロック内の行送りが1.5~2文字分ある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。