WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

C19: CSS でテキストの配置を左寄せ又は右寄せに指定する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

CSSをサポートする全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法は、CSSのtext-alignプロパティを使って、テキストのブロックを左または右に揃える方法を説明している。

事例

事例 1

以下の例では、テキストは左揃えになっている。スタイルシートでクラスを定義する:

コード例:

p.left {text-align: left}

コンテンツで、そのクラスを呼び出す。

コード例:

<p class="left"> Lorem ipsum dolor sit …</p>

事例 2

以下の例では、テキストは右揃えになっている。

コード例:

p.right {text-align: right}

コンテンツで、そのクラスを呼び出す。

コード例:

<p class="right"> Lorem ipsum dolor sit …</p>

検証

チェックポイント

  1. テキストが、左揃え又は右揃えになっている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。