WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

ARIA8: リンクの目的を示すために aria-label を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

Accessible Rich Internet Applications (WAI-ARIA)をサポートするウェブコンテンツ技術。

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

ARIA8 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。WAI-ARIA技術ノートも参照。

解説

この達成方法の目的は、aria-label属性を使用して、リンクの目的を説明することである。オブジェクトを説明する可視要素がページ上に存在しない場合、aria-label属性は、リンクのようなオブジェクトに説明的なテキストラベルを配置する方法を提供する。説明的な要素がページ上で可視である場合、aria-labelではなく、aria-labelledby属性が使用されるべきである。説明的なテキストラベルを提供することで、利用者は、そのリンクと、ウェブページ内にあるリンク先の異なるリンクとを区別できるようになり、リンクをたどるかどうかを判断する助けとなる。一部の支援技術において、aria-labelの値は、実際のリンクテキストの代わりにリンクの一覧に表示される。

WAI-ARIA仕様及びHTML to Platform Accessibility APIs Implementation Guideにあるように、aria-labelテキストは、リンク内で与えられたテキストを上書きする。このように与えられたテキストは、支援技術によってリンクテキストの代わりに使用される。このため、aria-labelで使用されるテキストは、リンク内で使用されているテキストから始めることが推奨されている。これは、利用者間で一貫性のあるコミュニケーションを可能にする。

事例

事例 1: aria-labelを使用して、HTML内のリンクの目的を説明する

場合によっては、デザイナーが、ページ上のリンクの見た目をコンパクトにするために、"read more"【訳注: 続きを読む】のような短く、繰り返されるリンクテキストを選択することがある。こういった状況は、より単純で非説明的な"read more"というページ上のテキストを、より説明的なリンクのラベルで置き換えることができるという点で、aria-labelの望ましいユースケースとなる。単語"read more"は、利用者間の一貫性のあるコミュニケーションを可能にするために(元のアンカーテキスト"[Read more...]"を置き換える)aria-labelの中にも繰り返される。

 <h4>Neighborhood News</h4>
 <p>Seminole tax hike:  Seminole city managers are proposing a 75% increase in 
 property taxes for the coming fiscal year.
 <a href="taxhike.html" aria-label="Read more about Seminole tax hike">[Read more...]</a>
 </p> 

 <p>Baby Mayor:  Seminole voters elect the city's youngest mayor ever by voting in 3 year
 old Willy "Dusty" Williams in yesterday's mayoral election.
 <a href="babymayor.html" aria-label="Read more about Seminole's new baby mayor">[Read more...]</a>
 </p>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

aria-label属性を使用するリンク要素に対して:

  1. aria-label属性の値がlink要素の目的を正確に説明している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。