WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

ARIA6: オブジェクトのラベルを提供するために aria-label を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

Accessible Rich Internet Applications (WAI-ARIA)をサポートするウェブコンテンツ技術。

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

ARIA6 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。WAI-ARIA技術ノートも参照。

解説

この達成方法の目的は、支援技術によって読み取ることができるオブジェクトのラベルを提供することである。aria-label属性は、ボタンなど、オブジェクトのテキストラベルを提供する。スクリーンリーダーがオブジェクトに遭遇した際、aria-labelテキストが読み込まれ、利用者はそのオブジェクトがどのようなものかを知ることができる。

制作者は、aria-labelledbyが同じオブジェクトに使用される状況では、aria-labelが支援技術によって無視される場合があることに注意すべきである。名前付けの序列の詳細については、ARIA仕様及びHTML to Platform Accessibility APIs Implementation Guideにおけるaccessible name and description calculationを参照。制作者は、aria-labelの使用が画像のaltfor属性を用いてフォームフィールドに関係付けられたlabelなどのネイティブな名前付けを全て上書きすることに注意すべきである。

事例

事例 1: ナビゲーションランドマークを区別する

次の例は、同じページに同じ種類のランドマークが2個以上存在し、かつページ内にラベルとして参照できる既存のテキストが存在しない場合に、HTML4及びXHTML1.0文書内で2つのナビゲーションランドマークを識別するためにaria-labelをどのように使用するのかを示している。

<div role="navigation" aria-label="Primary">
<ul><li>...a list of links here ...</li></ul> </div>
<div role="navigation" aria-label="Secondary">
<ul><li>...a list of links here ...</li> </ul></div>

事例 2: 領域のランドマークを識別する

次の例は、気象ポートレットに一般的な"region"ランドマークがどのように追加されうるのかを示している。ラベルとして参照できる既存のテキストがページ内に存在しないため、aria-labelでラベル付けされている。

<div role="region" aria-label="weather portlet"> 
...
</div>

事例 3: 数学のラベルを提供する

以下はmathロール、適切なラベル、およびMathMLのレンダリングを使用する、MathMLの機能の例である。

<div role="math" aria-label="6 divided by 4 equals 1.5">
  <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML">
    <mfrac>
      <mn>6</mn>
      <mn>4</mn>
    </mfrac>
    <mo>=</mo>
    <mn>1.5</mn>
  </math>
</div>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

aria-label属性が存在する各要素に対して。

  1. テキストの説明が正確にオブジェクトをラベル付けする、又はその目的の説明を提供する、又は同等の情報を提供するかどうかを検査する。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。