WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

ARIA13: 領域とランドマークに名前(name)を付けるために、aria-labelledby を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

Accessible Rich Internet Applications (WAI-ARIA)をサポートするウェブコンテンツ技術。

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

ARIA13 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。WAI-ARIA技術ノートも参照。

解説

この達成方法の目的は、支援技術によって読み取ることができるページの領域に対して名前を提供することである。aria-labelledby属性は、領域又はランドマークとしてマークアップされたページ内のセクションと、そのセクションを分類するページ内のテキストを関連付ける方法を提供する。

ランドマークロール(又はランドマーク)は、ページのセクションをプログラムで識別できるようにする。

ランドマークは、支援技術(AT)利用者がページに順応するのを支援し、様々なページのセクションにより簡単にナビゲートするのに役立つ。aria-describedbyのように、aria-labelledbyは、スペース区切りのリストを使用して、ページの他の領域を指すための複数のIDを受け入れることができる。また、この集合を定義するものはIDに限定されている。

事例

事例 1: ページ上のテキストをもつランドマークを識別する

以下は、complementaryランドマークにaria-labelledbyを使用した一例である。この文書内の見出しがついている領域は、見出しのid値を含むaria-labelledbyプロパティによってマークすることができる。

<p role="complementary" aria-labelledby="hdr1">
 <h1 id="hdr1">
    Top News Stories
 </h1>
</p>

事例 2: アプリケーションランドマークの識別

次のコード断片は、静的な文を含むapplicationランドマークである。タイプapplicationの領域ランドマークがあり、かつ静的な説明テキストが利用可能であるため、applicationランドマークには、そのアプリケーションと静的テキストを関連付けるためのaria-describedbyによる参照を含めている。

<div role="application" aria-labelledby="p123" aria-describedby="info">
<h1 id="p123">Calendar<h1>
<p id="info">
This calendar shows the game schedule for the Boston Red Sox.
</p>
<div role="grid">
....
</div>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. 属性 role=region 又はランドマークロールを持ち、aria-labelledby 属性も存在している各要素を調べる。

  2. aria-labelledby属性値が、ページ上の要素のidである。

  3. その id を持つ要素のテキストが、ページのセクションを正確にラベル付けしている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。